2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2006'07.12 (Wed)

過去ドラマとか…

「僕の事、嫌いにならないで…」

IWGP(池袋ウエストゲートパーク)でシュン(山下智久)がマコト(長瀬智也)に言った最後のセリフ
このあと、シュンは殺され、黒い羽根が舞う中、日本一、いや世界一美しい死体となって、ロッカーから倒れこみ、マコトに抱きかかえられるんです。
このセリフを言うときの山下さんの切ない表情が何とも言えず、ぎゅっと抱きしめてあげたくなっちゃいます。

「マイボス☆マイヒーロー」を見てからナッチンの中では長瀬くんの好感度アップ
お芝居うまいよね、とても高校生には見えないところがツボ、「ヤニヤニ」ってリムジンに転がり込むトコなんか秀逸、てごりんとの2ショットにはさすがにギャップを感じつつも思わずニヤニヤ
っと言うわけで、昨夜はIWGP鑑賞会(鑑賞会と言っても、夜中にひとりで観ただけ)
クライマックスにつながる9話、10話、11話を早送りしつつ、山下さんメインで観てました
リアルタイムで観ていた頃、この斬新な演出にさすが!と感心しつつストーリーは、わけわかめ
ついていけない…
やっぱ、オバサンだな?
って軽くショックを受けた思い出があります。
山下さんも当時の事を振り返って雑誌に
「ギャングって何?」(笑)
って書いていたように、15歳の山下さんにとっては、ちょっと現実離れしたドラマだったようです。でも撮影中は長瀬君にだいぶかわいがられていたようですね!
当時の長瀬君は今の山下さんと同じ21歳、この頃からバリバリに連ドラの主役はってたもんスゴイなぁ~~
コミカルな演技から、迫力あるシーン、切ない表情、役者としては今の山下さんより先を進んでいると思いますが、そんな先輩の後ろ姿を観ながら、いつか山下智久、日本一になってください
IWGPの山下さんを観ていつか山下君をと思い「クロサギ」起用を決めたという伊與田プロデューサー、見る目あるな…
今、見返すとよくこんなに豪華なキャストが集まったと思えるほど(窪塚洋介、坂口憲二、渡辺謙、妻夫木聡、小雪 etc…)主役級の役者さんが勢揃い、それだけでもかなりインパクトのあるドラマだった。

最近、山下ネタ不足なので、過去ドラ振り返ってみました…

生きているのか、元気でいるのか日記だけが頼りの毎日ですが、
心配事がひとつ
それは今年の2月頃やっぱり露出が少ない時期の山下さん
今と同じように連日、映画を観たり、友達を遊びほうけて(充電中!?)いたようですが、鍛え始めて、太りやすい体質になっちゃったのか、ジャンク食べ過ぎなのか、お顔はパンパンのまん丸で、身体はムチムチ…
ファンとしてはかなり心配
また、同じ事を繰り返していませんか
早く、今の山下さんに会いたい


ジャニーズブログランキングに参加しました、ポチッと押して応援してくだしゃい!

ジャニーズブログランキング

スポンサーサイト
01:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nattin2pryo.blog18.fc2.com/tb.php/365-689fd706

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。